代表的な衛星画像・動画事例

オーストラリア東部の林野火災

オーストラリア東部では、高温と乾燥した強風により大規模な林野火災が発生し、大きな被害が出ました。 ひまわり8号のトゥルーカラー再現画像では、林野火災による煙が東に流れていく様子がわかります。

2019年11月09日4時~2019年11月09日17時(JST)
トゥルーカラー再現画像(日中)、赤外(B13)画像(夜間)
[mp4形式 : 7.5 MB]

気象庁は、オーストラリア気象局の要請を受けて、ひまわり8号を用いてオーストラリア東部を対象とした機動観測を実施しました。 高頻度の観測により煙の動きがより細かくわかります。

2019年11月11日11時~2019年11月11日16時(JST)
トゥルーカラー再現画像(日中)
[mp4形式 : 8 MB]


先頭へ

令和元年台風第19号

台風第19号は、10月12日19時前に大型で強い勢力で伊豆半島に上陸しました。その後、関東地方を通過し、13日12時に日本の東海上で温帯低気圧に変わりました。

気象衛星は、観測点の少ない海上の台風の監視に重要な役割を担っており、衛星画像からは、台風の眼が明瞭で、猛烈な勢力であること、台風中心の北側に発達した雲域が広がっていることが分かります。

2019年10月9日15時~2019年10月13日15時(JST)
トゥルーカラー再現画像(日中)、赤外(B13)画像(夜間)
[mp4形式 : 23 MB]


先頭へ

2019年8月28日の九州北部の大雨

2019年8月28日、九州北部では積乱雲が次々と発生して線状降水帯が形成され、多い所で8月の月降水量の平年値の2倍を超える大雨となり、長崎県、佐賀県及び福岡県で大雨特別警報が発表されました。

この大雨の影響で、河川の氾濫、浸水害、土砂災害が発生しました。(気象と災害の概況について[PDF形式 : 2.4MB])

衛星画像からは、特別警報が発表された28日の明け方を中心に、活発な積乱雲が東シナ海から九州北部に次々と流入していることがわかります。(雲頂強調画像について

2019年9月27日0時~28日15時(JST)
雲頂強調画像
[mp4形式 : 30 MB]


先頭へ

令和元年台風第10号

大型の台風第10号が2019年8月14日から15日にかけて西日本に上陸し、その後縦断しました。

西日本を中心に広い範囲で大雨や暴風となり、8月12日から17日の5日間で高知県の魚梁瀬では降水量872.5ミリを記録するなど、四国・近畿地方の9地点で500ミリ以上の雨となりました。

2019年8月14日6時~16日9時(JST)
トゥルーカラー再現画像(日中)、赤外画像(夜間)
[mp4形式 : 10 MB]


先頭へ

2019年7月3日の梅雨前線による大雨

活発な梅雨前線の影響により、6月末から7月初旬にかけて九州南部を中心に大雨となり、7月の月降水量が平年の2倍となった所もありました。この大雨により鹿児島県では土砂災害や河川の氾濫が発生しました。

衛星画像では、九州南部で梅雨前線に伴う活発な積乱雲が次々と発達していることがわかります。(雲頂強調画像について

2019年7月3日1時~4日1時(JST)
雲頂強調画像
[mp4形式 : 12 MB]


先頭へ

北海道の風じん(2019年5月20日)

2019年5月20日は北海道付近で気圧の傾きが大きくなったため、網走地方では強い南風を観測しました。
南風に吹き上げられた砂により見通しが悪くなり、網走地方気象台の観測では一時的に視程が2kmを下回る時間帯もありました。

ひまわり8号のトゥルーカラー再現画像からは吹き上げられた砂がオホーツク海に向かって流れていく様子が確認できます。

2019年5月20日5時~17時
トゥルーカラー再現画像
[mp4形式 : 3.5MB]


先頭へ

北海道に飛来する黄砂(2019年4月16日から17日)

2019年4月16日から17日にかけて北海道付近に大陸から黄砂が飛来しました。稚内で黄砂を観測したのは2018年3月28日以来で、17日9時の地上観測における視程は8kmまで低下しました。

黄砂は、ひまわり8号のトゥルーカラー再現画像では茶色、Dust RGB合成画像ではマゼンタ色で表現されます。

2019年4月16日9時~4月17日14時
トゥルーカラー再現画像(日中)
Dust RGB合成画像(夜間) [mp4形式 : 6.8MB]


先頭へ

オーストラリアのサイクロン

オーストラリア気象局の要請により観測したサイクロンの動画です。サイクロンが南西方向に進み、オーストラリア北部のヨーク岬半島に接近する様子がわかります。

地球の自転の影響のため、南半球では風が吹こうとする方向に対して左に曲がる力を受けます。そのため、南半球のサイクロンは、北半球とは逆の時計回りに渦を巻いています。

2019年3月18日11時頃~3月19日8時頃(日本時間)
トゥルーカラー再現画像(日中)、赤外画像(夜間)
[mp4形式 : 7 MB]


先頭へ

オホーツク海の海氷

ひまわり8号による、オホーツク海の海氷を捉えた2月14日の画像です。この日は雲が少なく、海氷がきれいに見えていました。 網走地方気象台では、流氷初日を1月13日、流氷接岸初日を1月29日に観測しています。

Natural Color RGB合成画像では海氷がシアン色に見えており、雲に比べるとゆっくりですが、南東方向に動いていることが確認できます。

2019年2月14日
2.5分毎のNatural Color RGB合成画像
[mp4形式 : 0.9 MB ]


先頭へ

利尻島の風下で発生したカルマン渦

流体中に障害物を置くと、下流側に「カルマン渦」と呼ばれる二列の渦が形成されることがあります。1月29日のひまわり8号の画像では、利尻島の風下(南南西)側で典型的なカルマン渦を見ることができます。

この日は、冬型の気圧配置が次第に緩み、北北東の風が持続的に吹いていました。9時の稚内の高層観測では、利尻山(1721m)より低い高度に逆転層があり周辺海域には層積雲が見られます。このような気象的・地理的要因によりカルマン渦が発生したと考えられます。

2019年1月29日08時00分~1月29日13時30分
北海道北西部の2.5分毎のトゥルーカラー再現画像
[mp4形式 : 2.4 MB]


先頭へ

2019年1月17日の口永良部島の噴火

口永良部島では1月17日9時19分に噴火が発生しました。気象衛星ひまわりの画像では、9時20分過ぎから茶色から灰色の噴煙が東に移動するのが分かります。

2019年01月17日
2019年1月17日の口永良部島の噴火
トゥルーカラー再現画像
[mp4形式 : 0.7 MB]


先頭へ

このエントリーをはてなブックマークに追加LINEで送る